薄型テレビは壁にかけて部屋スッキリ!

wall tv

液晶テレビが普及し、さらには有機ELテレビへと進化してきました。
今後もテレビの薄型化、軽量化はますます進んでいくことでしょう。
それなのにテレビ台は必要でしょうか?

多くのテレビ台はある程度どのような大きさのテレビが来ても大丈夫なように頑丈に作られています。
また、テレビの画面はどんどん薄くなっていますが、それを支える足については転倒を考慮し、画面の厚みの何倍もの幅を持たせています。
その足が乗り切るようにテレビ台の天板の幅も設計されています。

面積は大きく、強度も十分に持たせなくてはいけないテレビ台。
するとどうでしょう?
部屋の中ではかなりの存在感です。

そうなってくると、何のためのテレビの薄型化でしょう?
テレビは十分薄いのにそれを置いておくテレビ台がその何倍もの幅や奥行きを取ってそこに居座っている。

一昔前であればDVDVHSテープなどの収納や、またそれらのデッキの収納も兼ねていました。
しかし、現代ではコンテンツはデータ化され、ネット経由で見ることも多くなってきました。
また、録画といってもハードディスク一つで済んでしまいます。
つまり、収納としての役目も無くなりつつあります。
そうなるともはや部屋の中ではテレビ台は邪魔者でしかありません。

せっかくの薄型テレビなんですから、思い切って壁にかけ、テレビ台は処分して部屋をスッキリさせましょう!

基本的にはどんなテレビでも壁に掛けられます。
壁掛け用の金具については今や汎用品が無数に存在します。
ある程度どのメーカーのテレビにも合うように作られています。

金具の選び方:

さてその金具の選び方ですが、大体どの販売サイトでも自分のテレビに合うかどうかは確認ができますので省略します。
ここではそれ以外の見るべきポイントについてご紹介します。

まず、重要なのが取り付ける相手側、つまり壁に合うかどうかです。
コンクリート壁に取り付ける場合や、壁に直接ではなく天井から床まで上下に渡した2×4材に取り付ける場合には特に気にする必要はありません。
しかし、木造住宅の場合には注意が必要です。

木造住宅の壁は通常、柱と柱の間の”間柱”と呼ばれる壁を作るための柱に石膏ボードが貼られ、その上に壁紙が貼られています。

wall structure石膏ボードはもろいため重量のあるテレビを支えることはできません。
そこで壁掛け用の金具はその間柱に固定します。
また、1本だけではなく、最低でも2本の間柱に取り付ける必要があります。
その為、間柱の位置や間隔をあらかじめ確認しておく必要があります。
そうしないと思う場所に設置できなかったり、そもそも設置ができないなんてことも。

そうならないためにはテレビを設置したい場所と自宅の間柱の位置を確認し、その両方が成り立つ十分な長さの金具を選ぶようにしましょう。

また、せっかく壁に設置するのですから、できるだけ壁ぴったりに設置したいところです。
目指すは絵画や写真を飾るようなあの感じです。

その為には、設置状態の”テレビと壁までの距離”を確認しましょう。
これもほとんどの通販サイトに記載されていますので、忘れず確認しましょう。

以上の2点が確実に、そして、より美しくテレビを設置するためのポイントです。

設置:

今回取り付けたテレビはSonyBRAVIA KJ-65A1です。
そこで私が選んだ金具はこちら。

まず、下地センサーを使って間柱の位置を調べます。
間柱の位置には目印をつけておきます。
り方は”ダイニング照明を流木でDIY、流木照明”でも紹介していますので参考にしてください。

金具はその間柱にビスで固定します。

tv metal plate
今回、金具は2本の間柱に確実に固定しました。
3本目にはちょっと足りないくらいの長さです。
気休めでしかありませんが、3本目に近い方も石膏ボードにビス止めしておきます。
水平器を使い、しっかり水平を見ながら固定します。

次にケーブルを通すための穴開けです。
我が家は壁掛けテレビまでは想定していなかったため、アンテナや電源の差込口は足元にありました。
ですが、せっかく壁掛けしたのにケーブルがだら~んとテレビから出ていては美しくありません。

壁掛けテレビの魅力が半減してしまいます。

そこでケーブルもしっかり壁裏を通して隠してしまいます。

間柱の間は基本空洞で何もありません。
間柱の間であればどこを通しても問題ありません。
テレビ側と床に近い部分の2か所に穴をあけます。
電源ケーブルとHDMI2~3本くらい?は通せるくらいの大きさの穴はあけておきましょう。

ここで活躍するのがホルソーです。
穴を開ける位置にマーキングをしたら思い切って穴を開けていきます。

make hole for cable
設置後はほとんどケーブルを触ることはありませんが、開けた穴には一応キャップを取り付けます。

石膏ボードなので穴の端面がボロボロと崩れてきてしまうので念のため。

wall hole

続いてテレビ側の金具を取り付けます。
こちらは設置後のテレビの上下位置をある程度考慮した穴位置で取り付ける必要があります。

plate positionこの金具は壁側の金具に引っ掛けるようにして設置します。
この時、壁側の金具の長さの範囲内であれば左右に移動させることができます。
ですので、まずは乗っけてしまって、そのあとに左右の微調整は行います。
なにしろテレビが重いのでとりあえず乗っけてしまいます。

後はケーブル類を壁穴に通しテレビの位置の微調整を行って終了です。

今回設置したSonyの”BRAVIA KJ-65A1””が、そもそも背中にウーハーを背負っているため上の写真の通りあまり壁にベタ付け感はありません。。。
ですが、背面が比較的フラットなテレビであればかなり壁に寄せて設置できることが分かるかと思います。

ただ、置いて設置する場合の奥行に比べたら十分です。
なにしろあの大きなTVボードを処分したことでリビングがかなり広く感じられるようになりました。

ということで、せっかくの薄型テレビの魅力を最大限発揮するためには壁掛けは絶対におススメです。
また、これから新築を考えている方、配線処理まで考えた電気工事を事前に施工業者へ依頼しておくことをお勧めします。

 

部屋の扉の鍵を後付け、DIY出来ます!

主寝室に併設した書斎ですが、最近、私の留守中に子供たちが入っていたずらしている形跡があります。

設計段階ではまだ子供も小さかったため、特に気にはしてませんでしたが、鍵を付けていないことに最近気が付きました。

大きくなるにつれていろんなことに興味が出てきます。

私の書斎もそんな興味をそそるものの宝庫。

しかし、中には危険なものもたくさんありますから、なんとかこれを阻止しなくてはなりません。

そこで、思い切って鍵を後付けすることにしました。

鍵の選定

書斎の扉は引き戸になっていて、他にうちの中ではトイレの扉なんかに引き戸を使っています。

当然トイレには鍵がついているわけですが。。

↓こんな感じで。

なるべくこれと似たデザインで、また、留守中に鍵をかけておけないと意味がありませんので、トイレの鍵のように中からだけではなく、外からも鍵がかけられるものを探しました。

すると有りました!

即注文!

現物が届き、確認すると色もイメージ通りです。

さっそく取り付けにかかりました。

扉の堀込加工

箱の中には取説が入っており、その裏面は施工用の型紙になっていました。

この型紙の通りに扉を加工していくようです。

まず、この型紙のコピーを取り、扉のそれぞれの面に糊で貼り付けました。

この時にセンターをしっかり合わせて貼り付けます。

あとはこの型紙通りに扉を加工していきます。

加工に必要な道具はドライバードリル、ホールソー、ノミ、ハンマーです。

結構大きなφ38の貫通穴がありますので、ここはホールソーが必要です。

ホールソーとは、直訳すると”穴ノコ”。

その名の通り、ドライバードリルや電気ドリルに取り付けて比較的大きな穴をあけるための切削工具です。

穴を開ける対象物の材質ごと、穴径ごとで売られていますが、中にはこのように何種類かの穴径の刃がセットになっていて、交換して使用するタイプのものもあります。

created by Rinker
¥1,190 (2024/05/30 05:13:05時点 楽天市場調べ-詳細)

DIYで、しかも木工程度であればさほど精度も必要ありませんから、これで十分です。

このホールソーは7枚の刃がセットになっていて、必要な穴径の刃以外は取り外して使用します。

では、いざ加工に入ります。

ちょっと緊張しますが、型紙通りホールソーで一気に穴を開けていきます。

それ以外はノミを使って指定の深さまで掘っていきます。

まあまあ綺麗に加工できたと思います。

多少、ガタガタになっても後でフロント部品に隠れてしまうので問題ありません!

鍵の取り付け

堀込加工が終わったら鎌が上向きになるようにして前方から本体を挿入します。

続いてフロントと一緒にねじ止めします。

室外側エスカッション、室内側エスカッションを差し込み固定ネジで固定して扉は完了です。

ドア枠側も同じように穴の加工をし、ボックスとカバーをねじで取り付けていきます。完成です。

堀込加工用の型紙も付いていますし、取り付け説明書通りに取り付けていけば難しいことはありません。

堀込加工にホールソーというちょっと特殊な工具は必要になりますが、穴径が数種類セットになっている今回のようなものを一つ購入しておけば、今後も使う機会は出てくるのではないかと思います。

ということで、室内扉の鍵取り付けはDIYでも十分にできるレベルでした。